未来に向けての支援

NUMECAは、学生チームのパートナーおよびスポンサーとして、学生が実地体験を積み、エンジニアリング上の難問を解決し、最先端の設計を創造できるよう支援しています。

すべてのNUMECAソフトウェアソリューションは、メッシュ作成を含む当社の包括的なターボ機械、船舶およびマルチフィジックス環境で、クラスルームコースおよび学生プロジェクトに利用できます。NUMECAソフトウェアにより、実例や演習をCFDおよび流体力学コースに容易に組み込むことができます。

 

 

ルーベン・カトリック大学のAgoriaソーラーチームは、競技の制限内で最適な設計を見つけるために、OMNIS™を活用しました。迅速かつ簡単でありながら高品質なメッシュが生成できるため、多くのシミュレーションを実行し、さまざまな設計変更を行うことができました。

The Manta Ray team (from the Moscow Polytechnic University) used FINE™/Marine to minimize drag by reducing the surface area of the hull wetted by the water and the wave making characteristics of the boat. Learn more.

 

The Poly eRacing team (from Polytechnique Montréal) used OMNIS™/Hexpress to design the formula student car. Learn more.
 

 

 

Teams from HEIG-VD and Mines Paris Tech use FINE™/Marine in their participation in the HYDROcontest.

 

R&Dプロジェクト

NUMECAは、最先端の技術の開発において、世界中の多くの大学といくつかのR&Dプロジェクトで提携しています。

Soot model developed at TU Delft

OMNIS™/Open-DBS with OpenLabs™ was used to develop a soot model by adding a transport equation for the soot mass-fraction with added nucleation and oxidation source term based on Khan and Greeves + Magnussen’s oxidation model. It was applied to simulate Kent and Honnery’s turbulent ethylene flame (1987).  


スティーブンス工科大学は、FINE™/Marineを使用して、浮上性船体の流体力学シミュレーションを目的として自由表面流体モデルを研究しました。FINE™/Marineは、NUMECAと大学との緊密な共同研究によって開発されたツールです。そのソルバーはナント国立高等中央学校において研究用のツールとして誕生し、現在も同校で開発が続けられています。


ミュンヘン工科大学のInstitute for Flight Propulsionでは、研究プロジェクトでOMNIS™/Turboが使用されています。このソフトウェアは、高圧圧縮機における、流れとさまざまなケーシング処理との相互作用の研究などに使用されてきました。

出典: I. Wilke,  H.-P. Kau, “A numerical investigation of the influence of casing treatments on the tip leakage flow in a HPC front stage”, ASME Turbo Expo 2002,  Paper GT-2002-30642


ナバーラ州立大学は、OMNIS™/Open-DBS with OpenLabs™を使用して、複雑な地形表面に対する気流の予測に成功しました。

 

 

 

 

CFDソリューションをお探しの学生チームの方ですか?

詳細は、info-jp@numeca.comまでお問い合わせください!

 

ソーシャルメディアでNUMECAをフォローすると、最新情報が入手できます: